テント内の照明は明るいジェントスLEDランタン EX-136Sがおすすめ

テント内の照明は明るいジェントスLEDランタン EX-136Sがおすすめ
0

テントの中の照明は何を使ってますか?

サーカスTCは結構広いので、小さなLEDランタンではちょっと暗いんですよね!

結構明るくしたいたちなんで、結構色々悩んだ結果選んだのが

ジェントス LEDランタン 「Explorerシリーズ」EX-136Sでした。

外遊び生活向上キャンプブログ キャンプで映えるウッドテーブルの画像

このランタンは、単三電池でOKなんで、100均のアルカリ電池で十分という手軽さなんです。

ただ、6本必要なんで100均の電池はだいたい5本入りなんでそこが。。。どちらにしても、予備の電池は持っておいた方が良いので、15本くらい(それでも324円)は持ってくんですけど、割り切れない。。。

電池の本数は仕方ないですが、暖色系の明かりなのでテント内の雰囲気もとてもいい感じになります。

外遊び生活向上キャンプブログ サーカスTC ジェントスLEDランタン画像01

サーカスTC内のポール上部に掛けたジェントス LEDランタン EX-136S  外から撮影

ジェントス LEDランタン 「Explorerシリーズ」EX-136S

  • 使用光源:高輝度チップタイプ暖色LED×10個
  • 明るさ(約):370ルーメン(Highモード)
  • 使用電池:単3形アルカリ電池×6本
  • 点灯時間(約):9時間(Highモード)/ 18時間(Midモード)/ 142時間(Ecoモード)/ 60時間(キャンドルモード)
  • 保護等級:耐塵・1m防水仕様(IP67準拠)
  • 落下耐久:2m落下耐久
  • 本体サイズ(約):φ78.0×141.5mm
  • 本体質量(約):355g(電池含む)

明るさのモードは、Highモード・Midモード・Ecoモード・キャンドルモードと4段階あります。
点灯時間ですが、上に引用しているんですが、流石に370ルーメンもの明るさなんで、Highモードで9時間という事なんですが、んー。。。そこまでもたないかな。

実際Highモードで付けっ放しだと4,5時間で暗くなってくるような感じです。

ですが、Midモードでも十分な明るさなんでだいたいMidモードで使用しています。

外遊び生活向上キャンプブログ ジェントスLEDランタン画像01

ランタンフックに掛けたり、手持ちようのバーがついています。 出典:ジェントス

幕内では光源が下に来るように逆さ吊りができるようランタンの下部にカラビナが付属されています。 出典:ジェントス

緑のボタンを押すごとにモードが切り替わる仕組みです。電池残量はボタンの色でわかります。残量が減ると赤に光ります。 出典:ジェントス

実際に水の中に入れたことはないですが、画像のように水の中に落としても平気ということですね。外に置きっ放しで雨に降られても安心です。出典:ジェントス

ボディの色は白一色のみで、下の黒い部分を回すと電池交換が簡単にできる仕組みです。負けるのは簡単ですが、閉めるときなかなか閉まらなかったりするので、暗い場所などでは少し注意が必要なので気をつけて下さい。

黒が出ないかなと。密かに期待しています。

このジェントス EX-136Sはとにかく明るいので、幕内の明るさでお悩みの方は是非使ってみて下さい!