キャンプギアの収納、持ち運び考察 〜KIRKHAM’S ペグバッグ〜

キャンプギアの収納、持ち運び考察 〜KIRKHAM’S ペグバッグ〜
0

キャンプギアの収納、持ち運び考察。

いわゆるスタッフサック的を、キャンプで如何にフィット感よく使うか。

そんな事ばかり考えているのでケースの数が増える増える。。

でも、スマートにキャンプするためには、持ち運びって結構重要な事でして。

 

で、今回はこちらのKirkham’sペグバッグをテストしました。

まさかの全色コンプリート!!

サイズはLサイズのみ!!(SとMもラインナップされてますよ。)

■サイズ:21cm×35.5cm
■生産国:アメリカ製

 

とりあえず、Kirkham’sのご紹介からですね。

Kirkham’s(カーカムスって読みます)は、1960年くらいからアメリカのユタ州ソルトレイクシティで家族経営をしているアウトドアの専門店なんです。

Springbarというテントが有名で、キャンバスコットンを使用しているクラシカルなテントなんですけど、今でもお店の裏でひとつひとつ手作りで作っています。

そんなメーカーが作ってるペグバッグなんですけど、サイズはLが一番使えると思います。

まずは素直にペグケースとして、、、

思った以上に入るんでちょっとびっくりです。笑

エリッゼステークス28センチと、土木ペグ30cmが20本以上と、村の鍛冶屋のハンマーと木槌がしっかり入ります。ちなみにこの村の鍛冶屋のペグハンマーですが、安い上にかなり使い心地が良いですよ。

 

あとは何かと役に立つロープ等々。

 

そして、この使い方が一番しっくりきている、火起こしギアケース。

見ての通り、ハンドアックスやらノコギリ、モーラナイフ、グローブ、火打ち石等々、ここに写っているものは全てこの中に入っちゃってます。あとは30cm以内のトングが入って、、、

完璧です。バッチしです。

ターポリンなので生地は防水ですし、破れづらいですし。

 

こんな感じで焚き火ギアをまとめて置くのも良いですね!

 

 

しかも、、

MADE IN USA!!