明るいLEDランタンが欲しい

明るいLEDランタンが欲しい

こんにちは、キャンプのハイシーズンとも言える秋。
みなさん様々なスタイルで秋キャンプを楽しんでいることと思います。

富士山周辺や、山の方でのキャンプは昼間は過ごしやすくて良いですが、夜や朝方は氷点下になるほど冷え込むところもあるので、防寒対策は抜かりなく!
暖をとるギアをしっかりと準備しましょう!

話は変わるのですが、自分は最近ランタンはほぼLEDを使用しています。コールマンのホワイトガゾリンのランタンも持ってはいるのですが、ちょっと億劫でして。。

大きめのランタンはSOTOのST213を使うくらいです。

このランタンはガスを燃料としていてガスを装着すればすぐに使えるという結構気楽に使えるランタンなんです。
しかもCB缶で使えるので経済的でもあります。
※CB缶は家庭用のカセットガスコンロに入れるアレです!

ただ、秋から冬にかけての夜間冷え込む時期は、ガス缶が冷えてしまって火力が弱くなり、あまり明るくならなかったりするので、これだけではサイトを照らす明かりとしては弱いですね。

ま、でも手軽さとコスパに負けて結構多用しています!

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥10,585 (2021/12/03 01:39:21時点 Amazon調べ-詳細)

もちろんこれだけでは明るさが足らないので、この他にいくつかLEDランタンを持って行っています。

そうです。大人気のベアボーンズです。

まずはこれ

BAREBONES(ベアボーンズ) ミニエジソンランタンLED

  • エジソン球タイプのLEDランタン
  • ハンギングでも置いても使える仕様
  • ランタイムHigh:5時間 / ランタイムLow:20時間
  • 電池:単三アルカリ電池×2(別売)

このランタンは、正直明るくはないです。。
雰囲気重視ですかね!

しかも充電式ではなく、乾電池と給電式なのでコスパはあまり。。

雰囲気が本当に良いので好きなランタンです。

BAREBONES(ベアボーンズ) ミニエジソンランタンLED

続いては

BAREBONES(ベアボーンズ) ビーコンライトLED2.0

またまたベアボーンズですが、こちらは定番ですかね。

  • 充電式のLEDライト
  • カラビナ付きでハンギング可
  • 調光可能なやわらかな明るさ
  • 充電時間:4~5時間

これは充電式なので使い勝手が良いです!

ただ、MAX で使うとバッテリーの減りがかなり早いのでご注意を!

Barebones Living エジソン ストリングライト LED

はいまたまたベアボーンズです。

こちらは3連のLEDミニランタン(連結も可能)で、タープの下や、テント内でメイン照明に使ってます。

 


  • カラー:アンティークブロンズ
  • 素材:鋼鉄
  • サイズ シェード部分:約直径10.5 × 高さ8.5cm
  • 防水性:IPX4
  • 付属品:ストラップ付ケーブル(約3m)、吊り下げ用カラビナ×3

Goal Zero LIGHTHOUSE micro

はい。GOAL ZEROのライトハウスマイクロです。

これは買ってよかったキャンプギアの中でも確実に上位に入る代物です。

バッテリーの持ちといい、明るさといい、言うことなしのLEDランタンです。残念がら高くなっちゃいましたね、、購入当時は2千円台だったはずなんですが。。
それだけ人気があるギアってことですね!

  • コンパクトな軽量設計でアウトドアに最適
  • 最大150ルーメンのLEDライトを搭載
  • 2つの点灯モードの切り替えと輝度調節に対応
  • 9.62Whリチウムイオン電池を内蔵し、最大170時間の点灯が可能
  • 耐水性に優れた設計
  • 充電用のUSBコネクタを装備

Goal Zero LIGHTHOUSE micro

WAQ LED Lantern

もしかしたら今一番欲しいギアかなと思ってます。

キャンプ場で1000ルーメンの明るさを出せたら本当便利です。

ランタンの中では最小サイズながらも、最大1000lm・3色の明かりに切替ができ、さらに4段階に調光可能。
キャンプサイトのメインランタンから、テント内ランタンまで、
様々なシーンに合わせた使用が可能。

いやこれが欲しいです。本当は2つなんですが、今持ってるLEDと組み合わせれば1つでも十分かなと思ってます。

購入したら、レビューします!

キャンプで役立つ明るいランタンをいくつかご紹介しましたが、定番アンド人気のギアばかりでした。。

やはりWAQのLEDランタンをいずれ手に入れてスカイパイロットの中を明るくしたいと思います!